(重要) Flash Player - 脆弱性を悪用するウイルス、日本で感染拡大

PCソフト 脆弱性

Flash Playerの脆弱性「CVE-2014-0515」を悪用するウイルスが日本国内で多く確認されているとして、注意を呼び掛けている。

ウイルスは、CVE-2014-0515を悪用するトロイの木馬およびその亜種で、日本では5月20日に感染が増加したことが確認されている。

CVE-2014-0515は、4月28日に修正されたFlash Playerの脆弱性で、脆弱性の修正前に攻撃が発生する“ゼロデイ攻撃”に悪用されていたことが確認されている。

ウイルス定義データベースを最新にアップデートすることや、OSやソフトウェアのアップデートを行い、セキュリティパッチを適用してください。