Juniper ScreenOS – サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

PCソフト サーバーソフト 脆弱性

Juniper Networks が提供する ScreenOS には、サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。

細工されたSSL/TLS パケットを処理することで、ScreenOS のファイヤウォールがクラッシュし再起動する、あるいは、HA設定をしている場合、フェイルオーバーする可能性があります。


【影響を受けるシステム】

次の製品が対象です。

  • ScreenOS バージョン 6.3 およびそれ以前

【対策方法】

開発者が提供する情報をもとに、対応する最新版へアップデートしてください。