Internet Explorer 8 – 解放済みメモリ使用の脆弱性

PCソフト 脆弱性

Microsoft が提供する Internet Explorer 8 には、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性が存在します 。 細工された HTML ドキュメントを閲覧することで、任意のコードを実行される可能性があります。


【影響を受けるシステム】

次の製品が対象です。

  • Internet Explorer 8

【対策方法】

2014年5月22日現在、Microsoft から修正プログラムは公開されていません。

 

次のワークアラウンドを実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。

•Internet Explorer 11 以降へアップグレードする

•Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) を適用する •インターネットゾーンのセキュリティレベルを”高”に設定することで、Active X コントロールおよびアクティブスクリプトを無効にする