Apple Safari – 複数の脆弱性

PCソフト 脆弱性

Apple 社の インターネット閲覧ソフト Safariに複数の脆弱性が存在します。

この脆弱性を悪用された場合、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃や任意のコードが実行されたり、細工された URL により postMessage の origin を正しく判別できないなどの可能性があります。


 

【影響を受けるシステム】

次の Adobe 製品が対象です。

  • Safari 7.0.4 より前のバージョン
  • Safari 6.1.4 より前のバージョン

【対策方法】

Appleが提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。