(重要) Internet Explorer の脆弱性対策について

PCソフト 脆弱性

 

Microsoft 社の Internet Explorer に、悪意のある細工がされたコンテンツを開くことで任意のコードが実行される脆弱性が存在します。
この脆弱性が悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御され、様々な被害が発生する可能性があります。

Microsoft 社は「脆弱性を悪用しようとする限定的な標的型攻撃を確認しています。」と公表しており、今後被害が拡大する可能性があるため、至急、修正プログラム(MS14-021)を適用して下さい。

Microsoft 社は、5 月 2 日より、Windows Update で本脆弱性に対する修正プログラムの配信を開始しています。


【影響を受けるシステム】

以下の Microsoft 製品が対象です。

  • Internet Explorer 6
  • Internet Explorer 7
  • Internet Explorer 8
  • Internet Explorer 9
  • Internet Explorer 10
  • Internet Explorer 11

2014 年 4 月 9 日にサポートが終了した Windows XP の Internet Explorer 6 も対象となっています。


【対策方法】

開発者が提供する修正プログラム(MS14-021)を適用してください。
「修正プログラムの適用」が実施できない場合は、Microsoft 社のアドバイザリ(2963983)では 6 つの回避策(Workarounds)が提示されています。いずれか 1 つを実施してください。