ヤマハ ルーター- サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

その他 脆弱性

ヤマハ株式会社が提供する複数のネットワーク機器には、サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。

遠隔の第三者によって、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受ける可能性があります。

 

次の 製品が対象です。

  • ヤマハ LTEアクセスVoIPルーター
    • NVR700W ファームウェア Rev.15.00.15 およびそれ以前

 

  • ヤマハ ギガアクセスVoIPルーター
    • NVR510 ファームウェア Rev.15.01.14 およびそれ以前

 

  • ヤマハ ギガアクセスVPNルーター
    • RTX810 ファームウェア Rev.11.01.33 およびそれ以前
    • RTX830 ファームウェア Rev.15.02.09 およびそれ以前
    • RTX1200 ファームウェア Rev.10.01.76 およびそれ以前
    • RTX1210 ファームウェア Rev.14.01.33 およびそれ以前
    • RTX3500 ファームウェア Rev.14.00.26 およびそれ以前
    • RTX5000 ファームウェア Rev.14.00.26 およびそれ以前

 

  • ヤマハ ブロードバンドVoIPルーター
    • NVR500 ファームウェア Rev.11.00.38 およびそれ以前

 

  • ヤマハ ファイアウォール
    • FWX120 ファームウェア Rev.11.03.27 およびそれ以前

——————————————————————————–
【対策方法】開発者が提供する情報をもとに、ファームウェアを最新版へアップデートしてください。