福島県総合療育センター – 患者情報682件が流出

その他 個人情報漏えい

福島県総合療育センターは、患者情報682件を記録したUSBメモリを紛失したことを発表した。

同センターの説明によると、7月14日 同センターの外来でUSBメモリの紛失に気が付いたもの。USBメモリには、同センターで検査の予約をした患者の氏名、予約日、検査内容など682件が保存されていた。