東京医科大学病院- 患者情報含むUSBメモリを紛失

不注意 個人情報漏えい

東京医科大学病院は、診療情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることを発表した。

学会のため出張していた同院職員が4月18日に紛失したもの。内部には脳神経外科の手術例33件が保存されており、患者のIDや氏名、性別、手術日、検査データや症状など含まれていた。紛失したUSBメモリは、暗号化対策など実施していなかった。

同院では紛失した個人情報が悪用されたとの報告は受けていないと説明している。