大阪パフォーマーライセンス推進実行委員会- サーバ上の関係者リストが閲覧可能に

個人情報漏えい 設定ミス

大阪パフォーマーライセンス推進実行委員会が、公式サイトにおいて関係者の個人情報を誤って公開していたことを発表した。

レンタルサーバ上に設置していた「パフォーマーライセンス制度公式ホームページ」において、大道芸人部門の認定パフォーマーに関する芸名、携帯電話番号、メールアドレスなど、70人分の連絡先リストを誤ってインターネット上で公開していたもの。4月6日に検索結果で表示されるとの指摘が関係者より寄せられ、問題が判明した。

連絡用にデータを保存していたが、設定に問題がありアクセス可能となっていた。詳しい原因や再発防止策については調査中と説明している。

データはサーバ上よりすでに削除されており、検索エンジンのキャッシュについても削除を依頼済。二次被害などは確認されていない。