堺市職員 – 個人情報を不正閲覧

その他 個人情報漏えい

堺市は、知人女性の個人情報を不正に閲覧したことなどを理由に、男性職員3人を懲戒処分にした。

同市によると、障害者支援課の再任用職員はシステムを悪用し、昨年4~10月に3回にわたり、女性の住所や世帯構成などを閲覧。昨年5月~今年3月までの間 私的な手紙を4回にわたり送ったもの。

知らせていない転居先に手紙が届くことを不審に思った女性が、市に相談して事件が発覚した。市は職員を停職3か月とし、男性は責任を取って30日付で退職した。

また、ほかにも部下の女性職員の髪の毛を触り、頻繁にメールを送るなどの行為を繰り返したとして、下水道部の課長を停職1か月にし、課長補佐級に降任させた。それ以外にも、妻を殴って暴行容疑で逮捕(不起訴)された北消防署消防士長を停職1か月とした。