静岡労金- 顧客情報1万7000件含むMOディスクが所在不明

不注意 個人情報漏えい

静岡県労働金庫は、顧客情報が記録されたMOディスク1枚が所在不明になっていることを発表した。

3月20日にMOディスクの紛失が判明したもので、顧客約1万7000人のカタカナ表記の氏名、日付け、取引金額などが記録されていた。
同金庫では誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

ディスクには、パスワードが設定されており、紛失した情報の不正利用なども確認されていないと説明している。