パナソニック「CLUB Panasonic」- で7万8361件の不正ログイン

不正アクセス 個人情報漏えい

パナソニックは4月23日、同社が運営する会員サイト「CLUB Panasonic」で、7万8361件のアカウントが不正ログインにより、会員の個人情報が不正に閲覧された可能性があることを発表した。

同社によると、4月18日に外部からの不正ログインの形跡があったため社内調査を実施。CLUB Panasonicのホームページに対して、不特定多数のIPアドレスから断続的、機械的なログイン要求があり、不正なログインを試行していることを確認したという。

不正ログインの発生期間は3月23日~4月21日。不正に閲覧された可能性のある個人情報は、CLUB Panasonicに登録している個人情報で、氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、ログインID、 メールアドレス、ニックネーム。また会員が登録している場合のみ携帯電話用メールアドレス、職業、居住状態、家族構成、 共稼ぎ状況、興味のあるカテゴリーとしている。

同社では、合計460万件を超える不正ログイン試行が確認されており、7万8361件のアカウントが不正ログインされた可能性があるとしている。なお不正なログインの試行に使われたIDの中にはCLUB Panasonicで使用を認められていないものが多数含まれているため、他社サービスから流出した多数のIDやパスワードを利用している可能性が高いと想定している。