JR東京総合病院- 委託先が患者情報含むUSBメモリを紛失

その他 個人情報漏えい

JR東京総合病院は、患者の個人情報を記録したUSBメモリを、院内で紛失したことを明らかにした。

同院によれば、医事業務の委託先担当者が紛失したもの。同担当者は、2013年11月7日にUSBメモリを院内で使用したが、12月12日に再び利用しようとしたところ、紛失に気が付いたという。同院では、同月20日に紛失の報告を受けたという。

紛失したUSBメモリには、2010年4月から2013年11月に同院を受診した患者2326人の氏名、住所、生年月日、性別、診療の内容などが記録されていた。USBメモリは暗号化されており、パスワードが設定されているという。