ゆうちょ銀行「mijica(ミヂカ)」- 顧客情報が流出か

不正アクセス 個人情報漏えい

ゆうちょ銀行は、デビットカード「mijica(ミヂカ)」の顧客情報が流出した恐れがあることを発表した。

同社の説明によると、7月から9月にかけて会員用の専用サイトが不正アクセスを受けていた。ミヂカでは同時期に332万円の不正送金の被害が出ており、サイトから流出した顧客情報が利用された可能性があるとのこと。「mijica(ミヂカ)」専用サイトは3日夜に停止している。

流出した可能性があるのは、「mijica(ミヂカ)」の会員の漢字氏名、カナ氏名、生年月日、カード番号の末尾4桁、カード有効期限など。
不正アクセスは7月28~30日、8月1~4日、8月14~20日、9月9~13日に断続的に発生していた。現在、顧客情報の流出件数などは分かっていない。

「mijica(ミヂカ)」については9月、送金機能を悪用した被害が判明しており、8月8日、9月6日、9月15日に、顧客54人の貯金332万円が第三者に不正送金された。ゆうちょ銀は9月16日に送金機能を停止したが、専用サイトの運用は続けていた。

ゆうちょ銀行は、このほかにもNTTドコモのドコモ口座などのキャッシュレス決済サービスで約6200万円の不正引き出し被害が判明しており、10月末までに一連のサービスの安全性を総点検すると説明している。