一般財団法人住まいづくりナビセンター- メールアカウントが乗っ取られ、大量の迷惑メール送信

不正アクセス 個人情報漏えい

一般財団法人住まいづくりナビセンターは、同財団が使用する業務用メールアカウントが外部の第三者に乗っ取られ、大量の迷惑メールを送信したことを発表した。

同財団の説明によると、2020年7月30日不正アクセスを受け、業務用メールアカウントが乗っ取られ、そのメールアカウントから、大量のなりすましメールが送信されたもの。

同財団は、調査をおこなったが、同カウントが乗っ取られた原因、発信された迷惑メールの数・送り先などは特定できなかったと説明しているが、通常であれば 迷惑メール数・送り先はメールサーバーに残っているのが一般的。
不正利用されたアカウントのパスワードが類推されやすいものであったため、これが原因となった可能性が高いと説明している。
また、同アカウントのメールボックス内に記録されていたデータが読み取られた可能性もいあるとのこと。