亀田総合病院- 患者情報のべ1万4000件含むUSBメモリが所在不明

その他 個人情報漏えい

千葉県鴨川市所在の亀田総合病院は、患者情報のべ1万4813件が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることを発表した。

所在不明なのは個人所有のUSBメモリで、1月7日に紛失が判明した。泌尿器科の医師と医療担当事務員が必要な情報を共有するためデータ入力したもので、暗号化やパスワードなどのセキュリティ措置は講じていなかった。

同USBメモリには、泌尿器科の患者のべ9750人の氏名、入院予定日、疾患名、主治医など含む2002年以降の入院予定台帳と、患者のべ5063人の氏名、疾患名、手術予定日、執刀医など含む2007年以降の手術台帳が記録されていた。
不正利用などは確認されていない。