大船渡市- ホームページ上に個人情報を流出

その他 個人情報漏えい

岩手県大船渡市は、同市の選挙管理委員会がウェブサイトで公開した資料の中に、個人情報が特定される情報が閲覧可能な状態で公開されていたことを発表した。

同市の説明によると、2018年~2019年にかけてウェブサイトで公開された、議案資料や議事録など合計36件の資料のうち、市民向けに告示していないもの9件。

同市では、いずれも資料の個人情報部分を隠すために黒塗り処理を施したPDFファイルとして公開していたが、「特定の手法」を使うと黒塗り処理した部分が解除できるもの。

同資料を閲覧した市民から「ある特定の手法で解除できる」と指摘を受け、個人情報が解読できることを認識した。