「GOM Player」などの会員サービスに不正ログイン攻撃

不正アクセス 個人情報漏えい

動画再生ソフト「GOM Player」などを提供しているGOMソフトの会員サービスにおいて、「なりすまし」による不正ログイン被害が発生していたことが発表された。

同サービスを運営するグレテックジャパンによると、2013年12月20日ごろから2014年1月8日午前にかけて、他社サービスにて入手したと見られるIDとパスワードを用いて、同社会員サービスへ不正にログインすることを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたという。具体的な被害件数などは明らかにしていない。

同社では、今回の不正アクセスに用いられたIDやパスワードについて、同社経由の流出を否定。また今回の不正ログインによる会員データの外部流出はなかったと説明している。

一方、今回の攻撃では、ログインの試行に用いたIDがこれまでに会員登録されていない場合、攻撃者がそのIDを用いて不正に会員登録を行っていたという。同社では、不正に登録されたIDを特定。アカウントを凍結した。