日本経済新聞社- 従業員、グループ企業などの個人情報が流出

不正アクセス 個人情報漏えい

日本経済新聞社は、日経およびグループ企業・団体に所属する従業員の個人情報が流出したことを発表した。

同社の説明によると、日経グループ従業員にコンピューターウイルスが仕込まれた電子メールが送りつけられ、感染が拡大したもの。
流出したのは、日経と一部のグループ会社・団体の役員・社員やOB、業務委託先社員など1万2514人分の氏名、所属、メールアドレスなどの個人情報。

同社では、社内端末にウイルス検知システムなどセキュリティ対策が行われていたが、感染したマルウェアは新型のものでセキュリティ対策をすり抜け情報流出を起こしたと説明している。