三井住友銀行- 顧客情報を流出

不注意 個人情報漏えい

三井住友銀行は、顧客情報 約7万件の個人情報や取引情報が流出したことを発表した。

同行の説明によると、保守業務を委託しているOKIクロステックにおいて、同社データを記録したハードディスク2台が紛失し、ディスク内に記録されていた2009年1月21日~2018年10月15日に同行葛西支店において通帳の新規発行や繰り越しを行った約7万件の個人情報や取引情報(氏名や法人の名称、口座番号、入出金額、残高、処理内容などの情報)が流出したもの。

OKIクロステックがハードディスクを交換する際、本来は初期化してデータを削除した上で自社に持ち帰る契約となっていたが、初期化せずに持ち帰った後に紛失したという。