市立十三市民病院- 患者情報が流出

その他 個人情報漏えい

大阪市と地方独立行政法人大阪市民病院機構は、市立十三市民病院において 患者の個人情報が流出したことを発表した。

説明によると、2014年4月から2019年2月にかけて、市立十三市民病院放射線科の係員が電子カルテから業務上閲覧する必要のない女性患者20名程度の連絡先として登録された携帯電話番号を抜き出し、自分の携帯電話に登録したもの。

同職員は、地方独立行政法人大阪市民病院機構就業規則及び地方独立行政法人大阪市民病院機構職員懲戒規程に則り停職6月の懲戒処分。管理監督責任として3人の職員にそれぞれ、戒告、文書訓告、口頭注意の懲戒処分を行った。