大阪府- 幼稚園の届出書などの個人情報を流出

不注意 個人情報漏えい

大阪府は、複数の学校法人から提出された届出書などを紛失し、個人情報などが流出したことを発表した。

同府bの説明によると、教育庁私学課において、幼稚園を設置する法人から提出のあった届出書および寄付行為の変更認可申請書など、個人情報を含む書類を紛失したもの。
紛失したのは、6法人から提出された園則変更届や理事長変更届、寄付行為変更認可申請など13件の書類で、役員、評議員、教職員の氏名や印影、履歴書の内容など、あわせて98人分の個人情報が含まれていた。

届出書を提出した法人より、提出した届出書の副本が返却されていないと問い合わせがあり事故が発覚した。