「@nifty」- 不正ログインが発生、会員情報を閲覧

不正アクセス 個人情報漏えい

ニフティは、「@nifty」の会員情報ページに対し、会員以外の第三者が本人になりすましてログインする不正アクセスを受けたことを発表した。

不正ログインは、1月16日1時57分から6時37分にかけて発生。165件のアカウントで「お客様情報一覧」ページに記載されている会員情報が閲覧された可能性がある。

同社が攻撃を把握したのは1月22日10時で、特定のIPアドレスを発信元としており、同社ではアクセスを遮断した。不正ログインに利用されたIDとパスワードについては、同社経由の流出を否定している。

契約コースにより異なるが、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、秘密の質問、メールアドレス、利用状況、クレジットカード情報の一部などを閲覧された可能性がある。
情報の改ざんや有料サービスの不正利用などは確認されていない。