鳥取県- 判定士登録者の個人情報を流出

個人情報漏えい 設定ミス

鳥取県は、判定士登録者の個人情報を流出したことを発表した。

同県の説明によると、2月27日「住まいまちづくり課」が判定士登録者773人を対象にメーリングリストを用いて実施した訓練において、メーリングリストの送信ミスにより、個人情報が流出したもの。
判定士登録者29人が参集要請の訓練メールに対して返信したところ、返信メールがメーリングリスト参加者全体に送信されてしまい、メール内に記載された判定士の氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人情報が流出したもの。

メール受信者から連絡があり、事故が発覚した。
メーリングリストの返信先設定が、同課ではなく、メーリングリスト全体に設定されていた。