岡山大学- 不正アクセスで迷惑メール発信

不正アクセス 個人情報漏えい

岡山大学は、不正アクセスにより、大量の迷惑メールを発信したことを発表した。

同大学の説明によると、2020年2月28日 同大学に所属する教員1名のメールパスワードが外部からの不正アクセスにより乗っ取られ、約150万通の迷惑メールを発信していたもの。

大学内のセキュリティチェックにより、不正アクセスおよび迷惑メールの発信が発覚した。
同教員は、メールアカウントのログインパスワードを他のサービスに使いまわしていたため被害にあった。