「ECカレント」など3サイト- クレカ情報最大9万4000件が流出か

不正アクセス 個人情報漏えい

通信販売サイト「ECカレント」「イーベスト」「特価COM」を運用しているウェブサーバが不正アクセスを受け、最大9万4359件の顧客情報を不正に取得された可能性があることがわかった。

サイトを運営するストリームによれば、脆弱性を攻撃する不正アクセスを受け、顧客情報が不正に取得された可能性が高いことが判明したもの。2013年11月に同社顧客のクレジットカードが不正利用されたとカード会社から連絡があり、調べたところ不正アクセスの痕跡が見つかった。

流出した可能性があるのは、2013年9月28日から12月8日にかけて対象となる3サイトを利用して商品を購入した顧客の決済情報。氏名、メールアドレス、クレジットカード情報が含まれ、最大9万4359件にのぼる。