イオン銀行- 会員情報が一部流出

不注意 個人情報漏えい

イオン銀行は、会員情報が一部流出したことを発表した。

同行の説明によると、キャッシュカード・クレジットカード、電子マネーの機能が利用できるイオンカードセレクトの一部請求明細書が、本人とは異なるカード会員へ送付されたもの。
同行が請求明細書の封入、発送業務を委託している事業者において、封入機の不具合が発生し、1つの封筒に複数会員の請求明細書が混入し発送された。

誤送付されたのは、北海道在住の同カード会員の一部で、件数については現在調査を進めている。
請求明細書には、請求内容や個人情報が記載されていた。