大阪府警- 府のHPに個人情報を誤掲載

不注意 個人情報漏えい

大阪府警は、過去の特殊詐欺被害者の個人情報を、大阪府のホームページに誤って公開していたことをたことを発表した。

大阪府警の説明によると、大阪府警特殊詐欺対策室の担当者が今年8月の特殊詐欺認知件数などの統計データを府の担当者にメールで送信した際、作成に使用したデータを一部消し忘れたまま送信し、9月28日に府のHPにそのまま掲載されていた。

誤って公開されていたのは、2011年に詐欺被害に遭った全329人分の氏名や年齢、被害金額など。

ホームページを見た一般男性からの指摘で、誤掲載が発覚した。