中電病院- 手術を受けた患者の個人情報を流出

不注意 個人情報漏えい

広島市の中電病院は、手術を受けた患者の個人情報を流出したことを発表した。

同病院を経営する中国電力の説明によると、同病院の手術予定表を綴じたファイルの紛失を1月15日に気付いたもの。
紛失したファイルには、2015年4月1日から2016年1月14日までに同院で手術を受けた患者1615人の氏名、年齢、病名、手術方式などの個人情報などを含まれていた。

同病院では、ファイルを第三者が持ち出すことは難しいため、手術室内で ファイルを可燃廃棄物の回収箱に混入し廃棄された可能性が高いと説明している。