鳥取県- 患者の個人情報をサイトに1年以上も掲載

不注意 個人情報漏えい

鳥取県は、ウェブサイトで公開した地域医療支援病院の報告書に、患者の個人情報が含まれていたことを発表した。

同県の説明によると、地域医療支援病院の報告書を同県のサイトで公開しているたが、報告書内の「高額医療機器の共同利用実績」に患者の個人情報が含まれていた状態で公開していたもの。
公開されていたのは、患者379人分の氏名、電子カルテの患者ID、共同利用する高額医療機器、機器を共同利用して検査した日などを記載していた。

2月19日に医療関係者から指摘があり事故が発覚したた。

今回の報告書は、2014年11月18日と2015年1月30日に公開したもので、公開から1年以上患者情報が公開されていた。
同県担当者が個人情報が含まれていることに気が付かなかっただけでなく、公開前のチェックも行われていなかった。