島田市- 市民の個人情報を流出

その他 個人情報漏えい

静岡県 島田市は、市民の個人情報を流出したことを発表した。

同市の説明によると、同市 危機管理課職員が個人情報を含む文書をJR静岡駅改札内のごみ箱に廃棄したもの。
廃棄した文書は財務処理で使用する4社分の支出伝票や、17人分の個人情報を明記した災害時避難支援に関する個別計画の写しなど計101枚。
職員が5日に文書を持ち出し、15日にJR静岡駅内のごみ箱に捨てたもの。

JR東海委託業者がごみ箱に廃棄された書類を発見し、静岡中央署に届けたため事故が発覚した。

同市の規定では、外部への公文書の持ち出しを禁止ししており、廃棄方法についてもシュレッダーまたは業者処理で行うことになっている。
職員は、「シュレッダーの音が大きく、廃棄するタイミングがなかった。衝動的に捨ててしまった」と説明している。