知多信用金庫- 職員が顧客情報を持出し、知り合いに提示

その他 個人情報漏えい

知多信用金庫は、同金庫 職員が、顧客情報を持出し、知り合いに提示していたことを発表した。

同金庫の説明によると、同金庫 融資部職員が顧客20~30人の名前、住所、生年月日、年収などをプリントして持ち出し、2014年10月から12月ごろに知り合いに渡したもの。
顧客情報を受け取った知り合いからは、漏えいした顧客情報とみられる一覧表や偽造免許 数十枚が見つかってており、顧客情報を記載した偽造免許を悪用して乗用車や融資金を詐取したものと県警は見ており、顧客情報を渡した職員を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)、顧客情報を悪用した3人を逮捕した。