中央労働金庫- 顧客情報を流出

不注意 個人情報漏えい

中央労働金庫は、顧客情報を含む書類を紛失し、顧客の個人情報が流出したことを発表した。

同金庫の説明によると、書類の保管および運搬業務を委託する住友倉庫において、1月26日 運搬用車両の荷台に鍵を掛け忘れて走行し、書類の保管箱5箱が落下したものい。そのうち3箱は未開封の状態で回収できたが、残る2箱は収納された書類が飛散し回収不能となったもの。

飛散した書類は、同金庫から融資を受けた顧客2965人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、融資残高、保証履行に必要な項目などが記載されていた。
一部回収したが、703人分については発見できていない。