興産信用金庫- 顧客の個人情報を流出

不注意 個人情報漏えい

興産信用金庫は、顧客情報が記入された書類を紛失し、顧客の個人情報を流出したことを発表した。

同金庫の説明によると、江戸川支店において、旧葛西支店における1984年11月6日から1992年7月6日までの「喪失届」推定993件を紛失したもの。
「喪失届」には、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、預金残高などが記載されていた。

同金庫では、誤廃棄した可能性が高いと説明している。