東京都環境公社- 産業廃棄物処理業者の個人情報を流出

不注意 個人情報漏えい

東京都環境公社は、産業廃棄物処理業者優良性基準適合認定制度事業における関係事業者13社の個人情報を流出したことを発表した。

同公社の説明によると、2月8日に担当者がメールで優良性認定事業者へ通知文を送信した際に誤送信が発生したもの。
送信先である250社を10社程度に分割してメール送信していたが、そのうち13社に対して宛先にメールアドレスを記載して発送したもの、また 同メールはBCCで138社に送信されており、151社において、13社分の担当者氏名、メールアドレスが流出したもの。

同日、メールを受信した事業者から指摘があり事故が発覚した。