日本英語検定協会- 英語技能検定受験者の個人情報が流出

その他 個人情報漏えい

日本英語検定協会は、英語技能検定受験者の個人情報が流出した可能性があることを発表した。

同協会の説明によると、1月22日に実施した2015年度第3回実用英語技能検定の一次試験において、準会場である長野県内中学校の受検者25人分の答案用紙を紛失したもの。
回答用紙には、受験者の氏名、住所、電話番号、生年月日などの個人情報と回答内容が記載されていた。

同会場で試験終了後、回収した答案用紙を「レターパックプラス」でポストへの投函により発送したが、2月1日なっても同協会へ届いていない。
同協会の説明には、追跡情報などの確認結果などは説明されていない。