東京ガス- 顧客情報を流出、第三者に顧客情報が郵送される

不注意 個人情報漏えい

東京ガスは、最大1267件の顧客情報が流出したことを発表した。

同社の説明によると、2015年12月12日に東京ガスライフバル川口の営業担当者が顧客宅を訪問した際、敷地内に駐車していた業務車両の車内に置いていた鞄が車上荒らしの被害にあったもの。
鞄のなかには最大1267件の顧客情報を含む書類が入っていた。
書類には、顧客の氏名、住所、電話番号、ガス料金などが記載されていた。

12月17日以降、盗難に遭ったと思われる書類が複数の第三者に郵送されており、これまで送られてきた書類には211件の顧客情報が含まれていた。