マイナンバー通知書- 誤配送などが事故が続出

不注意 個人情報漏えい

総務省は、マイナンバー通知書に関し、配達事故が多発していることを発表した。

11月11日時点で、マイナンバー通知書の配達が完了したのは595万通で、全国約5600万世帯の約1割。国立印刷局から日本郵便に持ち込まれた番号通知カードは2393万通で、全体の42%となっており、今後も配達事故などが増えると思われる。

日本郵便は、11日までに誤配達や窓口での誤交付などの事故が合計68件あったと明らかにした。

「11月16日現在、はっぴょうされ報告されている誤配送、誤交付事故は、以下の通り」
北海道 小樽郵便局において、1件の誤配達
青森県 八戸西郵便局において、1件の誤配達
石川県 珠洲郵便局において、21件の受領印なくポストへ投函(配達員が自らサインを行い21件配達)
茨城県 鹿嶋郵便局において、1件の誤配達
栃木県 宇都宮東郵便局において、1件の誤配達九州市若松区の若松郵便局で誤配達
山梨県 甲府中央郵便局において、1件の誤配達
埼玉県 新座郵便局において、1件の誤配達
千葉県 浦安郵便局において、1件の誤配達
千葉県 鎌ケ谷郵便局において、1件
千葉県 松戸南郵便局において、1件の誤配達の誤配達
千葉県 流山郵便局において、1件の誤配達の誤配達
徳島県 徳島中央郵便局において、1件の誤配達
広島県 安芸郵便局において1件の誤配達

青森県 五所川原郵便局では、マイナンバー通知2通を一時紛失

東京都 小金井郵便局において、1件の誤交付
東京都 品川郵便局において、1件の誤交付
東京都 小平郵便局において、1件の誤交付
三重県 伊勢郵便局で、1件の誤交付
鳥取県 倉吉郵便局で、1件の誤交付

大阪府 箕面郵便局で、2世帯分計6人分の送付用封筒を破損