岩手銀行- 2支店で納付書1万9000件を紛失

不注意 個人情報漏えい

岩手銀行は、2支店において、税金や公共料金の納付書を紛失し、個人情報が流出したことを発表した。

同行の説明によると、7月に中ノ橋支店において、「税金、公共料金等納付書」の金融機関控えを紛失していることが判明したため、全店を対象に保管状況の調査を行ったところ、材木町支店においても同様の書類を紛失していることがわかったもの。

紛失したのは、中ノ橋支店において2012年4月から2013年10月まで、材木町支店では2011年1月から同年3月までに取り扱った、「税金、公共料金等納付書」1万9106件で、顧客の氏名、住所、納付金額などが記載されていた。

同校では、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。