東京ガスオートサービス- 2012年から不正アクセスにより顧客情報が流出か

不正アクセス 個人情報漏えい

東京ガスの子会社である東京ガスオートサービスは、同社の関連サイトが不正アクセスを受け、顧客情報最大4400件が漏洩した可能性があることを発表した。
同社は、自動車のリース事業や整備事業を展開している。

同社の説明によると、自動車整備の外部委託先と情報のやりとりに利用しているウェブサイトにおいて不正アクセスを受けたもの。
不正アクセスは、アクセスログから2012年1月から2015年10月にかけて138回にわたり試みられており、そのうち4回は侵入が成功していた。
また、10月23日までに自動車のリース契約を結んだり、購入、整備の委託などを行った顧客の情報4115件が、外部へ流出した痕跡が残っていた。
さらに不正アクセスの形跡が削除された可能性もあり、個人顧客最大2800件、法人顧客最大1600件のあわせて最大4400件の顧客情報(住所、氏名、電話番号、口座番号、契約情報など)が流出した可能性がある。