東京都練馬区- 書類誤送付により個人情報が流出

不注意 個人情報漏えい

東京都練馬区は、書類誤送付により個人情報が流出したことを発表した。

同区の説明によると、区職員が税額通知書の封入作業をした際に、誤って送り状と別人の通知書を組み合わせて郵送したもの。

当該書類の受取人から、封書が2通届き、そのうちの1通が別人の通知書が入っている旨の連絡があり誤送付が発覚した。