千葉市花見川区立中学校- 生徒の個人情報が流出

不注意 個人情報漏えい

千葉市教育委員会は、千葉市花見川区立中学校において個人情報含むUSBメモリが紛失し、生徒の個人情報が流出したことを発表した。

同校の説明によると、同校の教諭が生徒の個人情報含むUSBメモリを職員室のPCに挿して利用している際、数時間離席してもどったところ当該USBメモリが紛失していたもの。

同USBメモリには、3年生188人分の氏名、住所、数学の成績、および全校生徒574人分の給食会計簿一式、前任校の生徒の個人情報のべ1690人分の住所、氏名、電話番号などの個人情報が含まれていた。

当該USBメモリにはパスワード設定は施されておらず、市教委から生徒個人情報をUSBメモリに保存しないよう文書で通知されていた。