聖マリアンナ医科大学病院- 置き忘れ事故で患者情報が流出

不注意 個人情報漏えい

聖マリアンナ医科大学病院は、医師が患者の個人情報を保存したノートパソコンを医師が電車内に置き忘れ紛失したため、患者の個人情報が流出したことを発表した。

同病院の説明によると、10月20日、同病院の医師がノートパソコンを電車内に置き忘れ紛失したもの。
紛失したパソコンには、患者約500人分の氏名、年齢、患者ID、病名などのデータが保存されていた。