大阪市- 保育所で乳児や保護者の個人情報含むUSBメモリが所在不明に

不注意 個人情報漏えい

大阪市は、大阪市立保育所において、乳児48人の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることを発表した。

市の発表によれば、3月20日に保育士が事務室でメモリを使用し、ほかのUSBメモリと一緒に袋に入れて鍵付きのロッカーに保管した。24日に再びメモリを使おうとしたところ、同メモリ1本が紛失していることが判明した。

所在が不明になっているUSBメモリには、2013年度から2014年度の新乳児名簿が保存されていた。乳児48人46世帯分の乳児氏名、生年月日、保護者氏名、電話番号などを含む。また、職員会議議事録なども同じメモリに記録されていた。

USBメモリについては市の規程で、データを使用後に消去することになっていたが、徹底されていなかった。また、メモリにパスワードなどセキュリティ対策も講じていなかったという。