りそな銀行- 2支店で「普通預金印鑑届」395件を紛失

不注意 個人情報漏えい

りそな銀行は、千里丘支店と神戸岡本支店において、普通預金の印鑑届あわせて395件を紛失したことを発表した。

紛失が判明したのは「普通預金印鑑届」で、千里丘支店で最終取引日が1987年1月から1991年4月の間に該当する266件と、神戸岡本支店で最終取引日が1983年5月から同年10月の間に該当する129件のあわせて395件。顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、印影などが記載されていた。

同行の説明では、不要書類とともに支店内で誤って廃棄した可能性が高いとのこと。外部流出のおそれは極めて低く、紛失した情報との関連が疑われる不審な問い合わせなども確認していないという。