日本広報協会- サーバ設定ミスで個人情報が閲覧可能に

個人情報漏えい 設定ミス

日本広報協会は、同協会のサーバに保存されていた個人情報が、インターネット経由で閲覧可能な状態だったことを発表した。

同協会が主催したセミナー参加者の個人情報が、インターネット経由で閲覧可能な状態になっていたもので、3月26日に外部から指摘を受けて問題が判明した。

サーバのアクセス制限に設定ミスがあり、サーバを更新した2月10日から3月26日にかけて外部よりアクセス可能となり、検索エンジンなどにも登録されていた。

アクセス可能となっていたデータは、同協会が2月4日に開催した「医療広報フォーラム」参加者149人分の個人情報で、氏名、および勤務先の住所と電話番号などが含まれていた。