群馬県安中市- 確定申告会場でUSBメモリが所在不明に

不注意 個人情報漏えい

群馬県安中市は、法人の市民税に関する情報を記録したUSBメモリが所在不明になっていることを発表した。

3月31日に税務課職員が紛失に気付いたもので、同月13日夜に庁舎内の確定申告会場で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。
同市では、利用場所を施錠管理していたとして、外部への持ち出しや盗難の可能性については否定している。

所在不明となっているUSBメモリには、法人市民税に関する情報が保存されていたが、個人に関する税情報など一部個人情報を含む可能性もあるという。