大阪府- 個人情報含むファイルを誤送信

不注意 個人情報漏えい

大阪府は、企業担当者へ連絡メールを送信した際、操作ミスにより個人情報を含む名簿を誤って添付する事故が発生したことを公表した。

誤送信が発生したのは、若手職員民間派遣研修の受け入れを予定している企業の担当者に対し、4月4日に送った連絡メール。別の送信済みメールの文面をコピーして再利用したところ、メールの添付ファイルまで一緒にコピーしたことに気付かず、そのまま送信したもの。

誤って添付したファイルには、関係ない他企業21社分の企業担当者情報が含まれており、企業名、担当者の氏名、役職、メールアドレスなどが記載されていた。