金沢市 結城病院- 患者情報がインターネット上に流出

不注意 個人情報漏えい

医療法人社団 光風会 結城病院は、患者及び職員・元職員の個人情報が含まれるファイルがインターネット上で閲覧可能な状態であったことを発表した。

同病院の説明によると、同病院職員が 向精神薬の等価換算表の解説書のデータファイルを外部へ提供する際に、患者の個人情報などのデータが含まれていることに気づかず提供したもので、同ファイルがインターネット上で平成27年3月3日~同年3月31日まで閲覧可能な状態になった。

流出した患者情報は、3372件で、患者の名前、性別、生年月日、患者ID番号、病名ID番号、レセプトコンピューターにおける患者番号、入院・外来の種別等と、うち298件については、年齢、主治医イニシャル、投薬内容の概要も含まれていた。
同ファイルに対して、266回の閲覧があった。

外部の薬剤師から指摘され、事故が判明した。