群馬県のNPO法人- 「Googleグループ」の設定ミスで個人情報が閲覧可能に

個人情報漏えい 設定ミス

群馬県は、グリーンツーリズム推進運動のサポーター29人の個人情報が、「Googleグループ」の設定ミスにより外部から閲覧可能になっていたことを明らかにした。

同県ではグリーンツーリズム関連のNPO法人から要望を受け、個人情報の提供に同意したサポーター29人の名簿を作成。3月24日にメールを送信したところ、メールを受信したNPO法人では、Googleのコミュニケーションサービス「Googleグループ」を利用しており、一般公開にしていたため、受信したメールが外部より閲覧できる状態だった。

その後4月15日に、地方公共団体情報システム機構から同県に対し、名簿が外部から閲覧できる状態であるとの指摘があり問題が判明。サポーター29人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、職業や所属団体などが、3月24日から4月15日まで外部からも閲覧できる状態だった。